脊柱管狭窄症の手術後、整体院に通った

脊柱管狭窄症を発症し、左半身が痺れるようになりました。

整形外科で検査をして脊柱管狭窄症が発覚し、数ヶ月間飲み薬を貰ったりリハビリ治療をしましたが、一向に効果が出ないどころか症状は酷くなっていったのです。そして、そのまま手術をすることになりました。

手術をして、左半身の痺れは無くなりましたが、今度は首や肩が異常に凝るようになってきます。凝りが酷くなると頭痛も酷くなってくるので、仕方が無く近所にあった整体院に行きました。その整体院はイメージと違ってボキボキとなるような痛い施術ではなく、ソフトな整体が基本だったのでこれで効果が出るのか半信半疑でした。ですが、施術が終わると手も施術前より上がるようになり、首肩の凝りも解消していたのです。

それからは、毎月1回は必ずそこの整体院に通って体のメンテナンスをするようになりました。仕事が忙しかったりストレスを抱えると、首や肩もより凝ってきて辛くなりますが、定期的に体をほぐすことによって、凝りにくい体へと変わっていったのです。